レジアスのカスタム基本2 − 基本中の基本は足元

スポンサードリンク
カスタムのしやすさと効果の点から言って、最初にカスタムを考えるのは足元がベスト。「オシャレの基本は足元から。」なんて言いますよね。ですから、ホイール&タイヤ交換というのがカスタムの第一歩になります。

ホイール交換、特にインチアップをした際は車全体のイメージも大きく変わるので効果抜群といえるのですが、レジアスに関してはそのホイールの特性上、ちょっとした注意が必要になってきます。

それはホイールを固定するハブボルトが、通常の車と違って6本であるということ。ですから、どれだけ気に入ったデザインのホイールがあったとしても、6Hと表示されているハブボルトの数が合っていなければ、取り付けはできません。

また4WDの場合は、ホイールセンターのハブの飛び出しにも注意が必要で、ホイールによってはこの飛び出しのために、センターキャップが干渉して取り付けられない場合もあります。

選ぶホイールのサイズは、人それぞれの好みがあるので自分のイメージや求める乗り心地に合うものを選べばOKですが、乗り心地を重視するなら17インチ、見栄えを求めるなら18インチ、19インチというように基本をおさえておくと良いでしょう。

ただし、選んだホイールがレジアスに装着できるかどうかは、オフセットの問題等もありますので、実際にショップで確認することも大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。