レジアスのカスタム基本6 − 内装のカスタム

スポンサードリンク
レジアスを自分だけの個性あふれるスタイルにカスタマイズする上で、最も目を引く部分になる外装が決まったら、次は内装のカスタマイズもしっかりと行うことが大切。

内装のカスタマイズをする上で一番大切なのは、もちろん、自分の趣味にあった小物類を含めた居住性を優先することですが、外装のコンセプトにマッチする範囲のものにするということにも留意しないと、アンバランスになってしまいます。

例をあげるなら、外装はスポーティイメージで仕上げているのに、内装にファーをたっぷり使っているようでは全く合いませんし、外見ばかり立派なVIPで、内装にはまったく手が入れられていないようだったりすると、せっかく個性豊かに表現しようとしたレジアスを、中途半端な状態で放置しているようなもの。

内装のカスタマイズポイントは、シートやトリムなどの生地から、ステアリング、パネル類、オーディオ、マットに至るまで、その周囲の細かいところまでを入れると外装以上に多くあり、「何から手を着けたら・・・」と思われるかもしれませんが、そんなときは先ずシートのカスタマイズから始めると、他はそれに合わせる形で案外スムーズにコーディネートできます。

シートのカスタマイズといっても大仰にする必要はなく、是が非でもオリジナルのシート表皮にしたいとか、シート自体を全く別ものに換えたいというのでなければ、シートカバーを付けるだけでも十分ですから、気楽に考えてみてください。最近は非常に高品質な素材のものも出回っていますから、そういったものを選べばシート表皮を張り替えたのと同じぐらいの効果を出すことが可能です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。